彩子の事とか色々

たまに聞かれる彩子との事を書こうと思います。
かなり前に「自分の彼女が自分以外の人にさえたHな…」というスレで書いたものですね。
彩子の時も今の話自体にもフェイクを入れてますし、
彩子の話は当時俺自身に起こった大問題だったのですが、時間が経ち振り返る事も出来るようになってきた事もありますし、
今書いているものに適合してないこともないのと色々と自分の中での整理も兼ねて、ここはフェイクじゃなくて公開できる範囲内だなって所の話という事で、簡単に書こうと思います。

俺の性癖が歪んだ大元の所ですね。

よく聞かれる彩子=嫁(Bちゃんと呼ばれてる存在)で合っています。
というより俺と嫁は小学生の頃に同じ学校(近所)→嫁転校
→高校で後輩として嫁が入学、再開で付き合い始め→その後結婚
といった経緯で、
俺の人生には嫁以外の女の子が割り込んでくる隙間が、存在していません。

嫁ですが、高校で同じ部活に入ってくる→可愛い子がいると話を聞く→
名簿を見たら知ってる名前(珍しい名字)→あれ?小学校の時近くに住んでた?
というそれなりにドラマチックな出会いでした。
年上の有利さみたいなのもあったのかもしれませんがその後すぐぐらいに俺と彼女は付き合い始めます。
当時の俺は性癖だけではなく性格や色々なものがかなり歪んだ人間でした。
今思うに高校生なりに未熟だっただけだとは思いますが、中学時代に
「かなり激しくいじめられる」→「追い詰められる」→「金を要求されるに至りついに暴力沙汰を連続で起こす(椅子でぶん殴って相手が血塗れになる、全校集会の最中に殴り合って相手の顎をかち割り、またも血まみれになる)」→
「暴力沙汰自体は不問に付されいじめも無くなるが反動でDQN化する(でも雑魚い)」
という感じの色々歪んだ学生時代でした。
学生時代は恐怖心と反抗心と抵抗できない自分へのコンプレックスに塗りつぶされています。

そんな中、彼女は無邪気に俺に告白してきたんですね。
結果、俺にとって彼女は凄く大事な人になりました。
彼女自体を好きになり、大事に思ったし、
損得で言ってもはっきり言って当時、外見的にも全然釣り合ってないカップルで、
彼女を逃すと絶対に俺の人生にこれ以上の女の子なんて来ないと確信してました。

俺なりに大事に関係を育みました。まあ、とはいえ、俺はそういう過去から当時とても嫉妬深かったし
猜疑心の強い人間でもあったし、嫁は本当に優しくて、我慢強く、人間出来てたと思います。
俺が今まともに生きているのはあの頃に彼女と初めて学生時代の人間関係の作り方みたいなものを学べたからだと思います。

その後俺が先に大学に入り、多少距離は離れたものの普通に付き合い続けました。
多少問題があったのが嫁が高校3年~大学に掛けてものすげえ美人になったという事です。

再会当時からクラスで何番目かというような容姿で可愛かったのですが、高校の最初の頃は背が低くて、丸顔で、胸が大きくてトランジスタグラマーになりかけといった体型でした。
元々あまり食べないけど痩せているわけでも無い(胸が大きい)といった感じで俺はそういう所もとても魅力的で好きだったのですが、
高3位で彼女の身体が凄い勢いで引き締まりました。ウエストがくびれ、顔つきが大人びた瞬間にかわいいから美人にクラスチェンジした感じです。
彼女自身の優しくて引っ込み思案な性格はあまり変わりませんでしたが、この変化には彼氏の俺としては複雑な気分にもなりました。
その頃には猜疑心や嫉妬心は抑えられるようになってきましたが、俺自身は「これマズイぞ」と常に思ってました。
要は彼女が完璧に目を付けられる女になってるなという事を理解してたんですね。

そんな中彼女が短大に進学し、俺は少しホッとしました。
彼女は地味な友達と付き合い続け(地味な俺とも付き合い続け)ていました。
そして何より、その短大部は俺の通っていた大学の短大部だったので同じ校舎でした。
色んな男に言い寄られる事はあったにせよ、問題は徐々に解決していました。

ちなみに、その頃の経験で19,20で目立つ容姿の女の子(かつ押しに弱いタイプと判断された場合 )がどの位口説かれるものなのかを俺は身をもって知る事になりました。
まあ何かすると(例えばバイト、サークル、その他諸々)必ず口説く男が現れる。そのうちの一部が軽くストーカー化する。
電話番号を聞かれる(今だとLINEとかか)、聞かれると連絡が来る。
彼氏がいると言えば多少は弱まるがあまり関係ない事もある。
そういう誘いを断る場合、それをどうにか収まる所にもっていくのに、もの凄く労力が掛かる。

その頃にあった分かり易いケースの1つは彼女が年末の郵便局の年賀状の仕分けのバイトをやった時の事。(5日間位)
彼女は友達とそのバイトをしたんだけど彼女だけが理由を付けて郵便局の社員に連絡先を聞かれた。
何度かその社員からメールが来たが、個人的にはお会い出来ないと彼女が回答。
この段階で俺にこんな事があって…と彼女から話があり「へー(もう慣れた)」と言っていたら彼女の電話に着電。
電話に出たら郵便局の社員の奥さん。
で、要は旦那さんが知らない女にメール打ってる。どういう関係?と問い詰められる(彼女が)。
その誤解を解くのに1時間以上電話する。
謂れのない話を、大の大人(しかも嫉妬に狂った女性)相手に1時間以上19,20位の子がしなきゃならないって結構なストレスだと思うけど、その手の問題が生活の中で間断なく振ってくる感じ。

結局の所冷たく断るのが一番マシ、とか個々人で経験則で学んだ事から男を相手にする方法を学んでいくのだと思います。
彼女がそういうものに徐々に対処していくのを俺は彼女を通してずっと見ていました。

ある意味彼女はすごく真面目でした。
付き合うっていうのはその時々で相手とお互いのルールを摺り合わせていく過程が必要になってきます。
それを彼女は雑誌や友達と話した内容で決めつけるのではなく俺がどういう事を嫌がるか、という事から摺り合わせて行ってくれました。
だから合コンのようなものは数合わせでも参加せず(そもそもお酒を飲まないので飲み会のようなものに参加しなかった) 、浮気のようなものは全くしなかった。
男に誘われる度にこんな事があったよ、と報告してくれてた。(その頻度にはビビったけど。)

彼女はもっと楽な方法を取ることも出来たと思う。
断りにくい男や自分が気になった男の相手を適度にしてやって俺に黙ってれば多分それが一番簡単だったと思う。(俺は浮気に気が付かないか、気が付いても結局見て見ぬふりをしたと思う。)
でも彼女はそういう事をしなかったし、しなかった理由は
それが「浮気か浮気じゃないか」 じゃなく、「自分がしたいかしたくないか」と「俺が嫌がるか嫌がらないか」が両方合った時っていう風にちゃんと考えてやっていたと思う。
(はっきり行って当時の俺はそういう考え方なんて全然出来てなかったと思う。彼女は偉かった。)
一度だけ同じ学科の男で彼女の友達に興味がある男がいて、他の男を含めて4人で食事に行こうと誘われたからランチで行っていい?って言われた記憶がある。
短大の時は本当にその位だった。

問題はその後に起こった。
彼女は短大で勉強しているうちにやりたい事を見つけてその勉強を初め、見事関連する大学に編入した。
俺は超氷河期の時代にブラック企業に見事入社した。
ある意味ここで俺と彼女は高校以来初めて 、完全に場所を別れて生活することになった。

ここからの内容は彩子の話で書いた話に限りなく近くなっていく。
彼女は厳し目のゼミに積極的に所属してその先輩(山下)から実験を引き継ぐ事になって、
俺は俺でブラック企業で死にそうになりながら社会人として順応しようともがいていて、
お互い忙しかったけど、それでも1日1回は必ず電話する、みたいなそんな付き合い方を続けてた。

彩子の話の時に書いた内容で事実と違う、最も大きな内容は実際に発覚したのが俺が覗きに行ったのではなく、彼女から言われたって事。
いっつも俺が会ってた曜日に会えなかったり、電話ができない日が続いた(決まって同じ曜日だった)りした事に焦燥感はあったし、会って安心したかったけど自分で行動を起こせる気力も勇気もその時は無かった。
その事を当時の俺は凄く後悔していて、悔やんでいて、だからあの内容には「俺が気が付けて、俺が解決出来てたら、関与できてたらいいのに」っていう願望が多分に入って、ああいう話になったんだと思う。

いっつも俺が会ってた曜日に会えなかったり、電話ができない日があって、暫くして彼女から言われた。
もはや内容はうろ覚えだけど
・ずっと先輩(山下)に飲みに誘われてたりした。(それ自身は俺も聞いてた)
・半年くらい前にゼミで沖縄に研究旅行に行った。(それも聞いてた)
・バンガローみたいな所に泊まった時に生徒は一応3部屋に別れて泊まるという事になってて、そのうちの一部屋が女子部屋だった。(女子は二人)
・彼女が飲みに少しだけ参加した後女子部屋に戻ったら山下さんが入ってきて口説かれた。
・飲み会は続いてる感じで友達の女の子も帰ってこない状態で迫られて、断ってもずっと身体を触られて、最後は口でする事になった。
・その飲み会の時に教授に山下にお世話になってるからちゃんと山下の言うこと聞けよって言われてその事も頭の中でずっと考えちゃっていた。
・女子部屋で見つかるのは絶対に嫌だったから男子部屋(先寝る組と徹夜で飲む組で別れてて徹夜で飲む組 の部屋)でフェラチオした。
・その後に俺君に言おうと思ったけどどうしても怖くて言えなかった。
・その後も週一位でゼミの後に車で送ってやるって言われてその度にフェラチオした。
・山下からはフェラチオで我慢する、それ以上はしないって言われてたけど1ヶ月位前から車の中じゃなくて彼女の家に入ってフェラチオするようになった。1日で満足しない時もあってそういう時は電話出来なかった。
・どんどんエスカレートして、最終的にこの前セックスして山下を泊めてしまった。
・その時、殆どレイプみたいな状態でされた。
・それ以降会わないようにしてる(ゼミも行ってない)けど、このままゼミにいられなくなると学校に入った意味が無くなる。どうにも出来なくて、もう俺君にも黙っていられないと思った。
・俺君と別れたくないし、学校も行きたいけど、もうどうしていいか判らない。
(因みに彼女は短大、大学編入だから親に2回入学金を払って貰ってて、それの事も凄く気にしてた。)

というような事を1日掛けて二人で話をした。
よくこの手の話でいきなり激高するような話があるけど、俺はその時ただ呆然とするだけだった。
いきなりキレるなんて事は中々出来ないんだなと思ったよ。

大人になれば(今になれば)解決方法はあったと思うけど、当時は少なくとも俺には上手い解決方法が思いつかなかった。
当時セクハラとかも今ほど話題になるものじゃなかったし、何かをどうする伝手もなかった。
俺にも彼女にも余裕が無かった。
今は違うと思うよ。今ならどうにでも出来る。でも当時はできなかった。

彼女は俺に黙ってることも出来たと思う。そしてそうだったとしてもばれなかったと思う。
怪しんでも俺が見て見ぬふりをしただろうという事を彼女も判ってたと思う。
でも彼女は彼女なりの判断で頑張った上で、俺に言う事でこの問題を解決しようと決めて、
しかも学校を辞めるか俺と別れるかで天秤に掛けるまで考えてくれてた。
当時は何も考えられなかったけど、その事を俺は今でも凄いと思ってる。

今の大人になって、大学生が自分で解決できない悩みで悩んでるって聞いたら、気軽に
「大学やめちゃえば。大丈夫だよ。他に道はいくらでもある」とかそれこそ「関連機関に相談してみよう」って言うと思う。
だって今思うに、俺の問題もそういう何かでどうにか出来たとも思うから。他人に頼ることで。
でも当時、当事者でいる時にそういう方法はあまりにも極端に思えたんだよね。
彼女が恥をかかず、お互いが別れずに済む方法をうまく考えられなかった。
大事に出来なかった。
ただ、こういう事の当事者になった時に「大事にしたくない」 、っていう気持ちは本当に想像よりもずっと強く起きる。
警察沙汰に出来るとか大事にできるっていうのはそれは必要な事かもしれないけど
当事者として無かったことにしたい。どうにかその時だけを我慢して日常にかえりたいという気持ちは無視できない位に強いものです。

彼女は「そうは言ってもフェラチオしたんでしょ?」
って(俺に、もしくは誰かに)言われるのを本当に怖がってた。
厳しすぎる見方だと思うけど、事実そうだったんだと思う。
押しが強くて、断りきれなくて、身体を触られながら口でならいいだろ?って山下に言われて頷いたのを自分の所為だと思ってた
ただ、逆にセックスした時に本気で抵抗したのは本当で、それには自信を持ってた。
だからセックスだけはさせないっていうのを強く自分に言い聞かせてた。
でもそれでもその夜の2回目、3回目のセックスに本気で抵抗して無かったという事を自分で自覚してて、それを指摘されるのも本当に怖がってた。(それも厳しすぎる見方だと思うけど)

付き合って以降、年下だった彼女に基本的に全てを支えられてたけど、その時の彼女は本当にボロボロって感じだった。
表に出さないように出さないようにしてたけど内心凄く取り乱してたのが判った。
俺も傷ついたけど、でも俺が傷ついてる場合じゃないとその時に思えたのは俺の中で後に色々な自信になった。

で、結局どうなったかって言うと、結局の所解決案は見つからず、考えてた解決案は何の役にも立たず、この問題そのものが棚晒しになった。
すぐに解決ができなかったと言い換えてもいい。
結局何も出来ず、俺は事情を把握し、彼女は学校に出る事にした。彼女は自分で解決する、頑張って言ってみるって言って、俺は何も出来なかった。

結局勿論、彼女が何て言っても、山下は聞く耳を持たなかった。
それどころか彼女は学校に来なかったことを責め立てられた。
俺も山下に電話した。でも帰ってきたのは
最初は
「セックスなんかしてねえよバーカ。」
そして
「は?レイプじゃねーよ。お前に見せてやろうか?俺と彩子のセックス。バックでめちゃくちゃ感じるからなあの女。お前とはちげーんだよ。」
「じゃあ、ちょっとは無理矢理だったでいいよもう。ふざけんなよお前。関係ねえだろ。俺はてめえには文句付けてねえんだからこっちにも文句言ってくんな。」
っていうような言葉だった。

結局最終的に解決したと言えるような状態になるまで数ヶ月が掛かった。
思い出したくもない数ヶ月だった。
俺は何度か山下と会い、あまり有意義じゃない会話をしたし、それでも解決しなかった。
その間、学校に戻った彼女は山下に謝らされ、その後も何回か山下に家で待ち伏せされて結果フェラチオをしたし、そして少なくとも1回はセックスした。
彼女が電話してくる度に彼女には「俺は知ってるから、判ってるから、大丈夫だから。」って何度も言った。
最終的に解決した方法はあまりにイリーガルで書けないけど、少しだけ俺が手伝った形にはなった。
でも別にスッキリするような内容でも何でもない。

はっきり言って解決したのはその俺がした事より、そういった時期に山下が彼女の家に来てフェラチオだけでなくセックスしようとした時に彼女が本気で抵抗して、大きな声を出して、その事に山下がビビった方が大きかったと思う。
彼女自身もその時に初めて山下に強い言葉で抵抗できて、自分でも言えた事に驚いてた。
押しに弱いだけでなくなった事によって面倒くさくなったのか、それとも俺のした事が多少は効いたのか、どちらにせよ最終的に山下は彼女から離れた。

俺と彼女の間はというと、彼女が俺がした少しの事に感謝して、俺が解決した事(俺に解決してもらった事)にする事で俺との関係を復旧させようとしたし、俺もそれに乗っかる事にした。
言うほどの問題は起こらなかった。
彼女はその後はより慎重になったし、かつはっきりと断れるようになった。
そして俺に対しては臆病にならずに今まで通り接してくれた。

ただ1つ問題があって、彼女はその時の山下とのセックスで、セックスに凄く恐怖感を抱いてた。
自分がセックスした事にも、そのセックスそのものにも、色々と恐怖感があったんだと思う。
結果、その後俺と彼女は4年間セックスしなかった。
通常の意味でのセックスレスじゃないよ。
付き合いはいつも通りで、俺は20代前半で彼女とセックスしたかったし、したい盛りの時期だったし、勿論彼女と会ってればセックスしたくなったし、それに離れてる時間分、セックスすることで彼女との繋がりを感じたかったし、色々あったけれど、彼女が受け入れられると思えるまでセックスはしないようにしようと話をして、結果4年間セックスしなかった。
身体を触り合う、とかそういうのは彼女も平気でお互い工夫もしたけれど、でも最後まではしなかった。
4年後に彼女からもう大丈夫だと思う。してみたい。って言ってきて、無理しないでいいよってやり取りが何回かあって、ようやくその期間は終わった。

20代前半の4年間だったし、セックスしないというのはいつまでという期限の無い話だったから、俺は当時その事についてもの凄く鬱屈する羽目になった。
その鬱屈した時期に文章を書くようになり、2chに書いたのが彩子の話で、
その4,5年間の色々あった鬱屈した感情が俺の性癖だったり、最近の色々になったりになるのです。

尚、Aさんとの話で色々書いた嫁が過去に浮気した、というのは実際はこの件の事を指します。
実際は浮気したかどうかをAさんが聞く→山下との事を話すだろうか。
位の感じで、俺と嫁の中ではもう消化しきった話で、つまりはAさんとの件でネタに出来るような過去の話になったという事です。

では。
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-09-20 19:59 | document

妻のAさんへの貸出体験談 2016/06/17 2016/08/23

妻のAさんへの貸出体験談 2016/06/17 2016/08/23 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/26/
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/27/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
昔からなのですがメール等たまに見落とす事があり、可能であれば連絡はついったのDM等で。
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-09-20 11:16 | document

妻のAさんへの貸出体験談 2016/05/16 2016/06/07

妻のAさんへの貸出体験談 2016/05/16 2016/06/07 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/24/
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/25/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
昔からなのですがメール等たまに見落とす事があり、可能であれば連絡はついったのDM等で。
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-09-12 15:33 | document

妻のAさんへの貸出体験談 2016/04/07

妻のAさんへの貸出体験談 2016/04/07 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/21/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
昔からなのですがメール等たまに見落とす事があり、可能であれば連絡はついったのDM等で。
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-09-06 16:36 | document

妻のAさんへの貸出体験談 2015/04/20

妻のAさんへの貸出体験談 2015/04/20 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/20/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
昔からなのですがメール等たまに見落とす事があり、可能であれば連絡はついったのDM等で。
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-08-31 17:27 | document

嫁のAさんへの貸出体験談 2014/04/03

嫁のAさんへの貸出体験談 2014/04/03 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/19/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
昔からなのですがメール等たまに見落とす事があり、可能であれば連絡はついったのDM等で。
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-08-26 14:54 | document

嫁のAさんへの貸出体験談 2013/01/23

嫁のAさんへの貸出体験談 2013/01/23 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/18/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-08-14 22:38 | document

嫁のAさんへの貸出体験談 2011/06/15

嫁のAさんへの貸出体験談 2011/06/15 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/13/

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/14/


TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-07-08 15:51 | document

嫁のAさんへの貸出体験談 2010/08/02

嫁のAさんへの貸出体験談 2010/08/02 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/11/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-07-05 13:43 | document

嫁のAさんへの貸出体験談 2010/05/20~2010/06/20

嫁のAさんへの貸出体験談 2010/05/20 2010/06/20 投稿しました

http://novel18.syosetu.com/n3157dj/8/



http://novel18.syosetu.com/n3157dj/9/


http://novel18.syosetu.com/n3157dj/10/

TOPは以下
http://novel18.syosetu.com/n3157dj/

ついったは以下
https://twitter.com/affairwithamout
[PR]

----------------------------
Affair with a mouth | メール | WEB拍手 | アンケート | 人気ブログランキングへ |
# by obtaining | 2016-07-04 16:13 | document